乾燥肌の体質改善を促す食事について

乾燥しやすい体質を変えるには、まず食べ物選びから

 

乾燥肌の体質改善に必要な栄養素としては良質のタンパク質や
不飽和脂肪酸、ビタミンA、C,E、B群等が挙げられます。

 

タンパク質は体を作るのに必要ですから、ダイエット等と拘らずに適度に
肉や魚、卵で摂取しましょう。

 

ビタミンAは皮膚を健康に保ちます。ビタミンCはコラーゲンの合成や
メラニン色素の沈着を防ぐ作用にも関わっています。

 

ビタミンEは脂質が酸化するのを防ぐ効果があるため、血中コレステロール
を下げて、血液の流れを良くします。

 

ビタミンB群には抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。

 

さらにビタミンAは二種類に分けられます。ベータカロテンとレチノールです。
ベータカロテンは多くは緑黄色野菜に含まれていますが、そのままでは
吸収率が悪いです。

 

しかし脂で調理して摂取すると吸収率が上がります。
レチノールはレバー等に多く含まれます。ビタミンCはキャベツ、
ブロッコリー、レモン等の野菜や果物に多く含まれています。

 

熱や空気に弱い為、果物は皮を剥いたらすぐに食べるようにしましょう。

 

ビタミンEはアーモンドやヘイゼルナッツ、落花生等のナッツ類や
植物油に多く含まれています。

 

ビタミンB2は代謝に関わるビタミンです。その為、乾燥肌を防ぎ皮膚や
粘膜を健康に維持するのに欠かすことのできないものです。
これらは卵や大豆、乳製品に多く含まれています。

 

上記の内容を見ていると、つまり肉、魚、卵、野菜、穀類、豆類、
乳製品、そして果物をバランスよく食べることが必要なのが分かります。

 

体質の改善にサプリメントで補うという手段もありますが、
消化吸収の事を考えると、
やはり食事で摂取する形が一番望ましいでしょう。