診察前の勝手な処置はしない

病院に自分の思い込みを持ち込まないことが肝心

 

皮膚科は皮膚を見て診察します。
事前に市販約を塗って自分で処置をしないようにしましょう。

 

薬の油分のために皮膚の状態が見えなくなります。色の付いた薬も
視診で判断する邪魔になってしまいます。

 

出来れば前夜から薬を塗らないようにしておきましょう。
どうしても痒みが酷い場合は冷やしたタオルで湿布をすると効果があります。

 

また、皮膚科を受診する際に自分なりに薬を塗ってみたけれども良くならない、
と来院する人がいます。

 

しかし具体的に何を塗ったのかと聞かれると答えられない人が
多いものです。

 

飲み薬と比べて塗り薬に対して重要性をあまり感じていない人が
多いようですが、その「適当に塗ってみた塗り薬」が皮膚の症状を悪化
させる原因になっているケースが殆どです。

 

中には数年前に別な病気で受診した際に処方された塗り薬を
塗ってみた人や、家族が以前処方された薬を塗ってみたという人もいます。

 

薬は症状によって処方が変わります。特に調剤薬局で処方されている薬は
市販のものよりも効果が高く、その為に副作用が強いものです。

 

その人のその時、その症状に合わせて適切に使うものです。
誤った使用法は症状を悪くするだけです。飲み薬だけでなく、塗り薬に
おいても自己判断で塗らず、きちんと受診して処方してもらいましょう。

 

そして、塗ってしまった場合は必ず薬の名前を控えるか、持参してください。
ちなみに、名前の書いていない薬の場合はいくら医師でも
種類が分かりません。その場合は処方された薬局に問い合わせてみましょう。