唇の乾燥と対策リップクリームの選び方

唇が乾く原因と対処法

 

唇は皮膚が薄い上に皮脂の分泌がされないので、乾燥しやすい部分です。

 

乾燥するとガサガサして皮が剥けてきます。考えられる原因としては
野菜の摂取量不足や胃腸の調子の悪化です。

 

便秘の時にも唇の肌が荒れるので、まずは食生活を見直して
内臓の調子を整えてみましょう。また、口を開ける癖やしょっちゅう
唇を舐める癖も唇の乾燥肌の原因です。

 

なるべく改善するように注意してみましょう。他にとろろや香辛料などの
刺激の強い食べ物が原因となることもあります。

 

他に唇が荒れる原因は口紅やリップクリーム、リップグロスです。
唇の荒れが気になったら一度使用を中止し、再度使用した時に
再び唇が荒れたら使用するのは控えましょう。

 

また、口紅よりも実際にはクレンジングで唇の肌荒れを招く事が
多いようです。拭き取るタイプのクレンジングは唇だけでなく、
顔の肌自体に刺激が大きいものが多いようです。

 

その上、擦る事によって角質層に刺激を与えて乾燥肌の
原因となります。口紅を落とす際には普通の洗い落とすタイプの
クレンジングを使いましょう。

 

口紅専用タイプのクレンジングも肌への負担が大きいので
避けましょう。また、リップクリームはメンソールタイプのものよりも
無香料を選んだほうが無難です。

 

それでも荒れる場合はワセリンがお勧めです。

 

唇の荒れが酷いときには唇パックをやってみましょう。
配合はワセリンと蜂蜜が一対一。

 

こうして作ったクリームを唇に厚く塗った後にラップで蓋をします。
この時呼吸用にラップに切れ込みを入れます。

 

5分ほど浸透させると効果があるようです。