手の乾燥、荒れる原因とケア

手荒れ、ひび割れを防ぐためにやること

 

人体において手は一番よく洗われる部分です。

 

水仕事の多い方は頻繁に洗う為に皮脂が洗い流されてしまいます。
その為角質層が荒れて乾燥肌や湿疹になります。

 

症状は最初、手の指の皮膚から始まり、どんどん手の他の部分に
広がっていきます。ひび割れから血が出て痛みが酷くなるケースも
あるようです。

 

手は絶えず使い続ける為、安静にして回復を待つことが
難しい部分です。

 

せっかく薬を塗ってもベタベタして日常生活に支障が出る上、
結局手洗いで洗い流してしまうのであまり効果が出ないようです。

 

薬は寝る前に手に塗って手袋をはめて寝るようにしましょう。

 

まず必要なのは、とにかくこれ以上手に刺激を与えない事です。
その為には手の保護を徹底します。水仕事をする際には
ゴム手袋を使うこと。

 

野菜を洗う際にもポリエチレン製の薄手の使い捨て手袋を使います。
こうすると泥やアクによる手あれを防ぐことが出来ます。

 

手を水で濡らすと、それだけでセラミドが流れ出してしまいますので、
可能な限り手洗いの回数を減らしてください。

 

よく清潔のために手洗いを頻繁に行う方がいます。
しかし手洗いのために角質層が荒れると雑菌が繁殖しやすくなる
為、かえって不潔になります。

 

手の清潔を心がけるなら、まずは手あれを治しましょう。
乾燥肌を防ぐ為にはハンドクリームをこまめに手に塗るように
しましょう。

 

ハンドクリームは尿素配合のものが保湿効果も高く安価ですが、
クリームはその基剤によって効果が変わります。

 

色々と試して肌に合うものを使うようにしましょう。
それでも良くならない方は皮膚科に相談することも必要です。