乾燥肌の原因!紫外線とストレス発散について

適度な運動は肌の新陳代謝に必要不可欠

 

乾燥肌の原因で大敵と言われる5つは
紫外線、ストレスや疲労、睡眠不足、偏った栄養などです。

 

特に血行不良は肌の健康に良くありません。
その為、乾燥肌対策の一環として入浴やマッサージ以外に
適度な運動があげられます。

 

紫外線は肌の敵ですが、だからといって外出を控えてしまう
のはかえってよくありません。体を動かすことは体の血行を良くします。

 

運動はストレスの発散となり、代謝機能の向上にも繋がります。
紫外線は帽子や日焼け止めで対処して、なるべく機会を捉えて
運動するようにしましょう。

 

お金や時間を無理に使わなくても、例えば早朝の紫外線が弱い
時間帯の散歩等でも良いのです。

 

体を動かして適度に疲労させれば睡眠の質の向上に繋がります。
良い睡眠を得ることは乾燥肌の対策として重要です。

 

屋外で運動をして汗をかくと埃や砂が皮膚に付いて刺激になるので、
運動の後はなるべく早くシャワーを浴びて汚れを洗い流し
、保湿をして清潔な服に着替えておきましょう。

 

水泳も良い運動のひとつですが、プールは殺菌のために水の中に
大量の塩素が投入されています。

 

これが皮膚への刺激となりますので、泳いだ後はすぐに体を洗い、
塩素が皮膚に付いたままにしないように心がけましょう。

 

このような注意をしておけば、運動は乾燥肌に対して
有効な対策の一つとなります。

 

肌を汚すことや紫外線に対して過敏にならず、適度な運動を楽しんで
心身ともに健康を維持するようにしましょう。

 

勿論、必要なのは「適度な」運動で、疲労困憊するほど運動したり、
強い紫外線を長時間浴び続けたりするのは避けましょう。